宝株式会社 | 借りない資金調達・ファクタリングを即日対応!!

業務内容

事業資金調達なら宝株式会社にお任せ下さい!

ファクタリングとはどういうこと?

ファクタリングサービスご利用が初めての方へ
ファクタリングによる資金調達について

ファクタリングとは、企業様が保有している売掛金をファクタリング会社が
企業様に対して償還請求権無しで『完全に買取する』ことにより、企業様に
資金を提供する仕組みです。 分かりやすくご説明すると、企業様が保有する
売掛金をファクタリング会社が譲り受け、 売掛先企業様の支払サイトの
期日前にお支払いする仕組みです。

債権のオフバランス化・早期資金化を図るだけでなく、決済リスクも回避できます。

ファクタリングには、売上債権の種類や引き受け方の違いなどから、
大きく4つの種類に分けることができます。

このような悩みをお持ちの方はご相談下さい

借金が出来ない方

  • 税金を滞納している為、融資を受けられない
  • 債務超過を理由に融資を断られてしまった
  • 法人を設立したばかりで信用がない
  • 業務悪化を理由に追加融資を断られてしまった
  • 取引期間が短く融資を断られてしまった
  • 銀行返済リスケ中
  • 知人・友人には頼めない

資金需要な方

  • 新たに受注した仕事の先払い金が無い
  • 前払いとなる材料費や外注費が無い
  • 取引先からの入金がズレてしまった為、
    当座預金がショートしてしまう
  • 従業員に支払い給料が足りない
  • 銀行からの追加融資を受けるまでの
    つなぎ資金が必要
  • 設備投資を行う為のまとまった資金がすぐに必要
  • 急な資金需要で…時間が無い

ファクタリング

ファクタリングとはどういうこと?

What is factoring?

ファクタリングとは、企業様が保有している売掛金をファクタリング会社が
企業様に対して償還請求権無しで『完全に買取する』ことにより、企業様に
資金を提供する仕組みです。 分かりやすくご説明すると、企業様が保有する
売掛金をファクタリング会社が譲り受け、 売掛先企業様の支払サイトの
期日前にお支払いする仕組みです。

ファクタリングには、売上債権の種類や引き受け方の違いなどから、
大きく4つの種類に分けることができます。

一括ファクタリング

一括ファクタリングとは、ファクタリング事業者が売掛金などの売上債権を購入して、それと引き換えに代金を支払う方法です。 一括ファクタリングには「二者間取引」と「三者間取引」とがあり、違いは以下の通りです。

ファクタリングには通常、2社間取引と3社間取引によるファクタリングがあります。

Factoring between Three companies 3社間のファクタリング
  • ● 売掛先が関係します
  • ● 売掛先へ通知を行います
  • ● 入金口座の変更される可能性あります
  • ● 売掛先から直接ファクタリング会社へ
      売掛金を支払います

弊社、お客様、売掛先の3社が関係し、
売掛先の現金化を行ないます。大きなポイントは2つ


  • 1・弊社が売掛先へ売掛債権買取(譲渡)の通知を行う
  • 2・売掛金は売掛先から弊社へ支払われる

この2点です。

銀行系のファクタリングは主にこの3社間取引になります。

また、手数料が安い場合も3社間取引の場合が多くなります。

Factoring between Two companies 2社間のファクタリング
  • ● 売掛先が関係しません
  • ● 売掛先へ通知を行いません
  • ● 入金口座の変更ありません
  • ● お客様が売掛先から一旦売掛債権を回収し、
      ファクタリング会社へ売掛金を支払います

3社間とは違い、契約、取引はお客様のみと行ないます。

売掛先へ一切通知せず、売掛先の信用調査のみ行ないます。

債権の存在確認も、あくまでお客様にご提出いただく書類
から確認します。


ここでのポイントは3つ


  • 1・売掛先に通知がされない
  • 2・ 買い取った売掛金はお客様にて回収後、弊社に引き渡し
  • 3・買取金お支払い後も取引が続く

この、「ポイント2,3」が弊社のリスクを高める可能性を
秘めてるため、3社間より手数料が高くなる傾向があります。

大きな違いはファクタリング事業者が支払企業に関与するか否かと言う点です。ファクタリングを利用する企業経営者の多くは、売上債権の譲渡が
支払企業に気づかれるのを嫌います。そこで有効な方法は二者間取引です。二者間であれば、支払企業の合意等を取らなくても債権を譲渡することが
できます。そのため、一括ファクタリングは売上債権をファクタリング事業者に購入してもらう方法で、二者間取引と三者間取引があるということを
押さえておきましょう。

医療報酬債権ファクタリング

医療(診療)報酬債権ファクタリングとはファクタリング事業者が、医療機関が国民保険や社会保険に対して請求する債権を購入し、現金化する制度のことです。一括ファクタリングとの違いは、債権の種類が医療報酬債権となっており、支払企業が国保や社保になっている点です。
また、医療報酬だけでなく介護報酬や、調剤報酬も大きなくくりとしてこのファクタリングに含まれます。

その他は基本的に同じで、一括ファクタリングの三者間取引と同様です。ただし、国保や社保からの同意が必要ない場合がほとんどです。そのため、医療報酬債権ファクタリングは医療機関が行うファクタリングだということを押さえておくといいでしょう。

保証ファクタリング

保証ファクタリングとは、売上債権などに対してその金額を保証する制度のことを指し、保険的な役割を果たします。
一括ファクタリングとの違いは、売上債権に対してあくまで保証する点です。したがって、支払企業が倒産などして支払不能状態に陥った時に、ファクタリング事業者が依頼会社に現金を支払います。

また、保証ファクタリングには「下請債権保全支援」と呼ばれるものもあり、建設業者や資材業者を保護する制度もあります。この制度を利用すると、通常は建設業者が支払う保証料金を国土交通省が2/3まで負担してくれます。また、保証ファクタリングには「下請債権保全支援」と呼ばれるものもあり、建設業者や資材業者を保護する制度もあります。この制度を利用すると、通常は建設業者が支払う保証料金を国土交通省が2/3まで負担してくれます。

国際ファクタリング

国際ファクタリング(グローバルファクタリング)とは、ファクタリング事業者が輸出債権を買取する制度のことを指します。一括ファクタリングとの違いは債権の種類が輸出債権であり、国際的なファクタリング事業者同士が連携してサービスを提供している点です。

国際ファクタリングの場合、あくまでL/Cの代わりという役割があります。そのため、ファクタリング事業者が支払企業(輸出先企業)から代金回収完了を遂行することが重視されている点を知っておくことが大事です。

ファクタリングのメリット

What is factoring?

支払期間が長い場合はなかなか現金化できず、資金繰りに影響が出ることがあります。
このようなときにファクタリングサービスを利用すると、即座に売掛金をキャッシュに換えられるので便利です。

売掛金を早期に資金化できる
売掛先企業から支払が実行されるまでには、支払サイトによるタイムラグが 発生します。それは30日の場合もあれば180日の場合もあるでしょう。その間、 キャッシュフローが行き詰まってしまうことを避けるためにはファクタリングが 有効です。ファクタリング利用で請求してから最短即日で現金化が可能です。
ファクタリングは借り入れではない
金融機関からつなぎ融資を受けることは借入金になります。 キャッシュフローは一時的になんとかなっても、借金が増えれば利子の支払いも 発生します。そのため、中長期的に企業の資金繰りを圧迫しかねません。 一方、ファクタリングは売掛債権の譲渡なので、それを資金化しても借入として 計上しないことも可能です(詳しくは顧問会計士および税理士に要相談)。
担保や保証人など必要ない
売掛金を弊社が売買させて頂きますので、融資のように保証人や担保提供 などは必要御座いません。個人情報や経営状況・営業年数等も一切関係 御座いません。
売掛先が倒産しても支払いリスク発生しない
先行き不安が拭えない時代背景もあって、売掛金が必ずしも資金化できるかは 不透明なのが現実です。ファクタリングを利用すると、売掛先企業が万が一倒産 してしまった場合でも譲渡金を返済する必要がないことも、ファクタリングの 大きなメリットでしょう。

Reason why factoring between two companies is necessary 2社間のファクタリングが必要な理由

そもそも、ファクタリングは通常「顧客・売掛先・ファクタリング会社」の3社間での同意で行われてきました。

ですが「債権を他社へ売る」ということは、売掛先から見た場合に「資金繰りが悪化しているのか?」「経営状態が良くないのか?」というようなネガティブなイメージを持たれてしまいます。

海外ではあくまでビジネススキームの一つとして頻繁に行われていますが、日本では最悪の場合、取引停止になる恐れがありファクタリングそのものがあまり発展してこなかった背景があります。

そこで、登場したのが売掛先へ通知を行わない2社間でのファクタリングです。

売掛先に知られずに債権を売却して資金調達が出来ることにより、数多くの中小企業が救われることになったのです。

ファクタリングを行うにあたって外せない ~ 2つの重要ポイント ~

1.償還請求権とは?

[ファクタリング会社がお客様にお金を請求する権利]のことです。

下記に償還請求権がない場合とある場合の違いをご説明いたします。

償還請求権なし(ノンリコース)
売掛先が倒産してしまった際、お客様の支払い責任は問われません。
売掛先の破綻リスクは弊社が負担いたしますのでキャッシュフローが
改善されると同時に破綻リスクも回避できます
償還請求権あり(ウィズリコース)
売掛先が倒産してしまった際、お客様に支払い義務が発生し負債を抱えることになります。
※2社間でのファクタリング契約においては「償還請求権なし」の場合がほとんどです。ですので、売掛先が倒産してしまった際、お客様への支払い義務が発生しないことになります。

2.債権譲渡登記とは?

お客様がファクタリング会社へ売掛債権の権利を“公的に”譲るための手続きのことです。ファクタリング会社側では、売掛債権の権利者であることを法務局(登記所)に備える登記簿(債権譲渡登記ファイル)に記録する手続きを行います。
これにより登記を行ったファクタリング会社は、当該債権の債務者以外の第三者について公に主張する事が可能になります。
民法第467条の規定による確定日付のある証書による通知があったものとみなされ、第三者対抗要件が具備されます。この債権譲渡登記は、留保される場合もあります。

お問い合わせ

メールでお問い合わせ

お悩みご相談等ありましたらお気軽に、以下よりご連絡下さい。

お問い合わせフォーム

お電話でのお問い合わせ

御社の売掛金を迅速に資金化致します、以下よりご連絡下さい。

TEL:0120-885-898
(営業時間:09:00~18:00)

Googleマップを見る

アクセス: 東急東横線 「学芸大学」駅 徒歩13分
社名 宝株式会社
設立 平成28年 10月19日
住所 〒141-0022
東京都目黒区目黒本町2-11-20
目黒ダイカンプラザ1F
業務内容 ファクタリング業務 経営に関する各種コンサルティング業務
企業経営上の各種リスクの調査・分析の委託並びにリスクの
評価及びリスクの回避の相談の受託業務